秘密でキャッシングするコツ

消費者がお金を借入れたいと思ったときに便利なのが消費者金融のキャッシングです。消費者金融のキャッシングは即日融資がウリのサービスであり、申し込みの手続きも非常に簡単なためすぐにお金を借入れなくてはならないときには非常に重宝します。しかし、比較的簡単にお金を借入れられるサービスである消費者金融のキャッシングにも弱点があります。それは総量規制の対象となっているということです。
総量規制とは消費者金融のキャッシングやクレジットカードを利用しての借入れ時の限度額に関しての法律ですが、この規制では消費者は自分の年収の3分の1までの金額しか借入をすることができないようになっています。つまり、どのくらいの収入があるかに応じて借入れの出来る金額が左右されてしまうのです。
それに対して銀行のカードローンは総量規制の対象とはなっていません。そのため、あくまでも審査の結果次第ではありますが、銀行のカードローンならば収入の少ない人であっても自分の希望するだけの金額を借入れることも可能になっています。
また、銀行のカードローンでは消費者金融のキャッシングよりも利息が安いというメリットがあります。そのため、利息が利息を生んでしまうことが少なく、キャッシングと比較して返済が楽です。また、カードローンは申込時に勤務先への在籍確認がなくてすむ銀行も多く、誰にも知られずに内緒でお金を借入れたいと考えている消費者にとってはおすすめのサービスとなっています。