返済できなくなったときの対処法

カードローンの返済が不可能となり、裁判所に申し立てて自己破産による免責が決定した後は、高額な財産は手放す必要はありますが、すべての借金を返す必要がなくなり、生活苦から逃れられますが、一定期間ペナルティがあります。
それは、5年から10年ほどブラックリストに載ることで、記載されている期間は、信用度がないに等しくなります。ブラックリストとは、信用情報機関に記載される金融事故の情報のことで、返済遅れがあったり、長期間返済しないと債権回収会社に異動になったり、債務整理をしたりしたことが一目で分かるようになっています。自己破産の場合は、一般の方が目にする機会はなかなかありませんが、官報や本籍地のある役所や役場の破産者名簿に記載されることもあります。
自己破産の場合は、他の債務整理よりも長めの10年位記載があると覚悟した方がいいでしょう。ブラックリストに載っている間は、クレジットカードを申し込んでも、銀行や消費者金融に、住宅ローンやカードローン等の各種の借り入れを申請しても、審査時に信用情報機関に照会をするため、一切審査に通ることはありません。
ブラックリストの期間が明けたら、信用情報を開示して自分の履歴が消えているか確認をするようにしましょう。銀行でクレジットカードやローンを組む場合は、審査時に官報等の公的な情報を閲覧することもありますので、確実に10年以上経ってからにした方がいい場合があります。すべての履歴が消去されているため、債務整理をしたと金融機関側に判明することがありますが、ショッピングローンや携帯電話の割賦契約等で実績を積んでいけば、再びクレジットカードやローンを組むことも可能となるでしょう。